省エネ方法のご紹介 〜ご家庭のお客さま〜

省エネ方法のご紹介

日ごろより、電気を大切にお使いいただきありがとうございます。具体的な省エネ事例についてご紹介いたします。待機時消費電力や照明の間引きなどを中心に、無理のない範囲での省エネにご理解とご協力をお願いいたします。

待機時消費電力

  • テレビ、パソコンなど不使用時には本体の主電源を「オフ」にする。
  • 長時間使用しない機器のコンセントを抜く。

調理器具・冷蔵庫

  • 炊飯器や電気ポットの保温は、長時間使用せず、電子レンジや魔法瓶を活用する。
  • ジャー炊飯器は、早朝にタイマー機能で1日分をまとめて炊く。保温機能を使用せず、よく冷ましてから冷蔵庫に保存する。
  • 冷蔵庫内温度の設定を「弱」にする。
  • 冷蔵庫は壁面から放熱をしているため、壁からすき間を空けて設置し、放熱しやすくする。
  • 物の詰め込みすぎに注意する。
  • 熱いものは冷ましてから入れる。
  • 無駄な開閉を控える。
ご注意いただきたいこと
温度管理が必要な生鮮食料品の取り扱いにご注意ください。

照明器具

  • 不在の部屋は消灯する。
  • 屋外照明、門灯は防犯、安全上の支障がなければ消灯する。
  • 照明器具に白熱電球を使っている場合は、電球型蛍光灯またはLEDに交換を検討する。

洗濯機

  • 洗濯はできるだけまとめ、洗濯機の利用回数を削減する。

温水洗浄便座

  • 温水洗浄便座の不使用時は、ふたを閉め保温効果を維持し、温水の設定温度を「弱」にする。
  • 外泊時はコンセントからプラグを抜く。

ページトップへ戻る