• 予想最大電力とは
  • ピーク時供給力とは
  • 供給予備率とは
  • 電気の特性
  • 電気の使われ方の特徴
  • 供給力が毎日変わる理由
  • 供給力の変動イメージ
供給力が毎日変わる理由
  • 河川の流量の変化による水力発電の出力変動や、メンテナンスによる火力発電所の稼動状況変化などにより、日々の供給力は変化します。
  • 水力発電の場合
  • 火力発電の場合
  • 他社からの購入の場合

水力発電の場合

  • 設備容量とは、使用許可された最大の水量を得られる場合に発電できる出力の合計値です。河川の流量は季節や降雨の状況により日々変化するため、年間を通じて最大水量を取水できるわけではありません。
    また、塵や落ち葉などが取水口に堆積すれば取水量が減少、または取水不能となり、供給できる電気の量が低下します。
    このため、供給力として計上できる出力は必ずしも設備容量とは一致しません。

火力発電の場合

  • 火力発電所の定期点検や補修状況等により、発電機の稼働状況が日々変化します。

外気温が高い場合のコンバインドサイクル発電設備

  • ガスタービン発電設備は、空気圧縮機を経て燃焼器に取り込む空気量が大気温度により変化するため、夏期など、外気温が高い場合は、発電できる電気の量も減ります。 供給力 10〜20%低下。

コンバインドサイクル発電とは

  • ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた発電方式。

コンバインドサイクル発電とは

他社からの購入の場合

卸電気事業者・卸供給事業者からの購入/IPP(独立系発電事業者)からの購入
/自家発余剰電力の購入

節電方法のご紹介 トップへ戻る

ページトップへ戻る